福岡市街頭防犯カメラ設置補助金制度!(マックスガレージ)活用事例

当社にて福岡市街頭防犯カメラ設置補助金制度に対応した防犯カメラ・設置工事可能です。

福岡市街頭防犯カメラ(マックスガレージ)

福岡市 福岡市街頭防犯カメラ設置補助金制度について (fukuoka.lg.jp)

福岡市街頭防犯カメラ設置補助金制度について(福岡市HPより抜粋)

犯罪の抑止効果や犯罪発生時の犯人の特定及び検挙に効果のある街頭防犯カメラの設置促進を図るため、自治協議会、自治会・町内会等が設置する街頭防犯カメラの設置費用の一部を補助します。

●補助対象経費

防犯カメラ、録画装置等の設置に係る下記の経費を補助します。

  1. 防犯カメラ、録画装置等の機器購入費用及び設置工事に係る経費
  2. 防犯カメラの設置を示す表示板等の設置に係る経費

●補助率・補助限度額及び補助申請上限台数

(1)補助対象経費の75%以内(1,000円未満切捨)

< 上限額 >

1.自立柱(ポール)を建設のうえ、防犯カメラを設置する場合
  1台につき250,000円を上限額

2.上記以外(既存ポール、壁に設置等)
  1台につき200,000円を上限額
ただし、同一年度に、上記1.同一自立柱(ポール)若しくは上記2.同一物件(または既存ポール)に複数の防犯カメラを設置する場合、2台目以降1台につき100,000円を限度

(2)補助申請台数は、1団体につき4台を限度(複数年度にわたる申請可能)

街頭防犯カメラの必要性・効果

犯罪の予防

  • 犯罪を行おうとする者に防犯カメラの存在を気づかせ、撮影されていることを認識させるなど、犯行を抑止させる効果があります。
  • 犯人の声で「防犯カメラがあったから、その場所での犯行を思いとどまった」というケースがあります。

安心感の醸成

  • 設置地区の住民や街に来られた方に対し安心感を与え、犯罪への不安を軽減させる効果があります。
  • 福岡市が行ったアンケートでは、約9割の方が「防犯カメラは必要」と回答しています。

事件解決

  • 連続で発生していた事件で、事件現場を撮影していた画像が決め手となり事件検挙に至ったケースがあります。
    (防犯カメラがあったことで、犯人の早期検挙につながり、犯行がエスカレートすることを未然に防いだことがありました。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です